美感青汁と青汁比較

美感青汁と青汁比較

美感青汁と青汁比較

多くの「青汁」と呼ばれる製品は、主に「ケール」を主成分として作られています。
しかし、「美感青汁」は、「クマザサ」をメインに、明日葉・大麦若葉・菊芋・かごめ昆布を配合し、栄養価の高い青汁に仕上げています。
ケールの青汁が、栄養素にバラつきがあるのに対して、美感青汁は、リン・マグネシウム・カリウム・鉄分・カルシウムがバランスよく含まれているのです。

 

通常、植物は、細胞壁に栄養が覆われているため、せっかく摂取しても効率よく栄養素を体内に取り入れることが出来ません。
ですが、「美感青汁」は、特許取得した特別な製法、「細胞破壊製法」で製品を生産しています。
「細胞破壊製法」とは、細胞の中にある大切な成分を取り出すことで、体内に効率よく栄養素を摂取できるようにする製法なのです。
このため、植物を原料としている「美感青汁」が効率よく栄養素を摂取できると言う事なのです。

 

青汁は基本的にどうしても青臭さがあり、一般的に飲みづらく出来ています。
しかし、「美感青汁」はゼリータイプにしてあることでのど越しも良く、また、マンゴー味なので、青臭さも感じることなく、おやつ感覚で摂取することが出来ます。

 

また、美容を気にしている場合、通常の青汁では、美容ゼリーも同時に摂取すると言う方もいらっしゃいます。
しかし「美感青汁」なら、両方の良いところを、一度に摂取することが出来ます。
美容成の代表であるコラーゲンや、お肌の潤いや保湿効果に優れた、ヒアルロン酸とセラミドも配合されています。
これらの成分は「美感青汁」に含まれるビタミンCを一緒に摂取することで、その働きを効率よく発揮してくれます。

 

さらに、コエンザイムQ10が含有されることで、体内の糖や脂肪を必要なエネルギーに変換してくれることで、余分な老廃物が体内に蓄積されることを予防してくれるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ